保育士から「女性人気」の医療事務へ転職~2社目は小児クリニック~

こんにちは。

 

 

新卒3年目25歳で5社目を退職した

子なし専業主婦のがじゅまるです。

 

 

 

今回からは「2社目 医療事務への転職

についてお話しようと思います。

 

 

 

前回、「人間関係」を理由に、

2カ月で保育園を退職した件についてまとめました。

 

 

gajumaru8521.hatenablog.com

 

 

 

 

今回は、1社目の退職から、

どのように医療事務へ転職したか、

について詳しくお話していこうと思います。

 

 

 

 

2社目について、

簡単に概要をまとめました。

 

 

求人サイト・・・Indeed

選考方法・・・・面接

 

勤務先・・・・・小児クリニック

職種・・・・・・医療事務

勤務期間・・・・2週間

 

保育園を退職してから、約1カ月で転職しました。

 

 

「保育士から異業種へ転職?」

と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

まずは、保育士から医療事務へ転職した経緯

についてお話していきます。

 

 

 

実は、保育士から異業種へ転職することは、

決して珍しいことではありません。

 

これは完全に私の偏見ですが、

保育士は2つのパターンに分かれるな、と思っています。

 

 

「一生保育士として働く人」と

「一度働いて、異業種へ転職する人」

 

 

 

保育士の悩みは、いつの時代も尽くことはありません。

 

給与面、

残業・持ち帰り仕事の多さ、

体力面、

人間関係、、、、

 

 

もちろんその分「やりがい」はたくさんあるし、

子どもたちの成長は何物にも代えられない、

保育士だからこそ感じられる「喜び」だと思います。

 

 

その天秤のバランスをうまく取れるかどうか。

 

 

そこが「保育士を続けられる

一番のポイントだと思っています。

 

 

 

私は、

保育士に向いていない」と思い、

異業種への転職を検討した一人です。

 

 

そんな私が医療事務を選んだ理由、

それは、

「もともと興味があったから」

 

「保育」以外でやってみたいことを考えたとき、

一番最初に頭に思い浮かんだのが、

医療事務」でした。

 

 

学生時代に病棟保育などの、

病院でのボランティアに参加していたことも、

理由の一つだったのかもしれません。

 

 

 

それではここからは、

転職活動について詳しくお話していきます。

 

 

時系列で説明すると、

 

   仕事探し(転職サイト)

       ↓

    保育園を退職

       ↓

   転職活動(面接等)

       ↓

     勤務先決定

 

という流れになります。

 

退職から転職までの期間は、約1カ月。

 

この1カ月間は「無職」の状態でした。

(少々無鉄砲だったと思います)

 

 

退職」の二文字を意識し始めたころから、

様々な求人サイトで医療事務を探していました。

 

 

ちなみに、

実際に求人へ応募したり、面接をしたり、

という本格的な転職活動は、

保育園を退職してから始めました。

 

 

 

医療事務に関しては、

バイトル」や「タウンワーク」など

よく耳にする求人サイトにも

求人が出ていることが多かったです。

 

 

「医療事務は未経験でもできるの?」

と思いますよね。

 

資格等については次回お話しますが、

医療事務は、

資格なし未経験でもできます。

 

未経験者歓迎の求人もとても多いです。

 

求人を見ていると、

正社員パートタイムなど、

働き方も病院によって幅広い。

 

医療事務が、

女性の「人気職種」である理由が

とてもよくわかります。

 

 

ただ、「経験者優遇」「レセプト経験者のみ

の募集条件が多いことも事実です。

 

特に大きな病院では、

即戦力となる人材のみの募集がほとんどで、

未経験者の転職は難しいかと思います。

 

 

また、私の場合は、

小児科」で働きたいと思っていたので、

なかなかすぐには見つかりませんでした。

 

 

 

小児クリニックの求人を見つけたのは「Indeed

 

退職から1週間後、

たまたま見つけ、すぐに応募しました。

 

応募後、クリニック側から連絡があり、

面接の日時を決めました。

 

面接は、院長先生と私のみ。

 

面接では、

前職について、

応募の動機

資格についてを聞かれました。

 

 

想像以上に応募が来ているとのことで、

やはり医療事務は人気なのだなと思いました。

 

 

 

「採用結果までお時間ください」と言われ、

再度連絡が来たのが、

面接から1週間以上たった日のこと。

 

 

正直「落ちた」と思い、

別の求人を探していたところでした。

 

ぜひ一緒に働きましょう

というありがたい言葉をいただき、

その場で返事をしました。

 

 

こうして、

保育園を退職した約1カ月後、

医療事務として転職することができたのです。

 

 

私は、保育園で働いているときから、

複数の求人サイトを見ていました。

 

医療事務は未経験でもできる

という気づきが退職への大きな後押しになりました。

 

求人を見ることによって、

退職後の動きを、ある程度イメージすることができます。

 

もし転職に迷われている方、

今の仕事を辞めたいと思われている方は、

ぜひ求人サイトを見てみることをおすすめします。

 

 

 

次回は「医療事務での2週間」

についてお話しようと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

がじゅまる🌳