人生初のハローワーク~失業給付や申請の流れについて~

こんにちは。

 

 

新卒3年目25歳で5社目を退職した

子なし専業主婦のがじゅまるです。

 

 

前回、「コロナウイルス」を理由に

1週間で5社目を退職、についてお話しました。

 

 

 

gajumaru8521.hatenablog.com

 

 

 

今回は、「失業給付

についてお話しようと思います。

 

 

現在、私はハローワークへ通い、

失業給付」を受給しています。

 

 

まず「失業給付」とは、

雇用保険に加入している人が退職した場合、

一定の条件を満たしていれば、

受け取ることのできる手当のこと。

 

求職活動中の失業者の

生活を安定させることが目的です。

 

安心して新たな就職先を見つけられるよう、

支援を受けることができるのです。

 

そのため、

病気やけが、妊娠、出産、育児により、

すぐに働けない状態や、

求職せずに自営業を始める場合には、

給付を受けることができません。

 

 

申請には、

住まいの地域管轄のハローワーク

で手続きをする必要があります。

 

 

ここからは、

私が経験した「申請までの流れ」について

お話していきます。

 

 

まずは、

私が失業給付を申請したきっかけについて。

 

実は私は、てっきり失業給付を

受け取れない」と思っていました。

 

4社目は「1カ月」で退職、

5社目に至っては「雇用保険未加入

 

条件を満たしていないと思い込んでいたのです。

 

 

しかし、

夫の「扶養」に入る手続きをしたときのこと。

 

夫の会社の人事の方から、

失業給付は受け取りませんか?

と聞かれたのです。

 

 

失業給付を受給する条件は

「離職の日以前2年間に、

 通算して12カ月以上の

 被保険者期間があること」

 

私は、3社目を1年以内に離職。

雇用期間は1年以上

 

3社目の被保険者期間が、

条件を満たしていたのです。

 

 

こうして、

私は人生初めてのハローワークへ行くことになりました。

 

 

ハローワークの申請には、

離職票」という、

退職した後に会社から送られてくる書類が必要になります。

 

私の場合は、3社目と4社目、

それぞれから送付されていたので、

2社分を提出しました。

 

ちなみに、

支給される「基本手当日額」は

2社分を加味して決定していました。

 

 

ハローワークへ行ったその日が

休職申込日」になり、

その日から7日間は「待機期間」となります。

 

この「待機期間」に、

新たな仕事(パート・アルバイト含む)に就くと、

手当は支給されません

 

 

私の地域のハローワークでは、

後日「説明会」に参加する必要がありました。

 

求職活動の方法や、

失業給付についての説明を受け、

雇用保険受給資格者証」を受け取りました。

 

 

私は「自己都合」での退職だったので、

2カ月間の給付制限がありました。

 

※本来であれば「3カ月間」ですが、

 2020年10月から

 「2カ月間」に短縮されています。

 

この給付制限期間は、

基本手当の支給はありません

 

 

期間中、求職活動実績が

2回以上必要となります。

 

ハローワークで職業相談をしたり、

職業訓練校の説明会に参加したり。

 

この活動実績がないと、

「求職中」とみなされず、

基本手当の支給はされません。

 

 

給付制限後、

認定日」が指定されているので、

ハローワークへ来所し、

「求職活動実績」を報告。

 

受理されれば、

認定日から1週間以内に支給されます。

 

 

給付日数」が決まっているため、

この日数が0日になるまで、

一連の流れを毎月繰り返します。

 

ちなみに、

被保険者期間が「1年以上10年未満」の場合は、

給付日数は「90日

 

約3カ月間、基本手当を受け取ることができます。

 

 

もちろんこの3か月間で、

次の仕事が見つかれば、

基本手当の支給はストップします。

 

その際は、

再就職手当」として

別の手当を受け取ることができます。

 

ただ、給付日数の「残日数」によって、

対象から外れたり、

金額が変わる場合があるので、

ハローワークで相談したほうがよいかもしれません。

 

 

私は、給付制限を終え、

1回目の認定日も迎えました。

 

現在は2回目の認定日に向け、

求職活動を行っています。

 

 

 

もしあのとき、

夫の会社の方から声をかけてもらっていなかったら、

おそらく何も知らないまま

 

「失業給付」を受け取ることは

できなかったかもしれません。

 

 

今までいかに人に支えられ、

人が敷いたレールの上を歩いてきたのか。

 

そのことを痛感しました。

 

 

正直最初は、分からないことばかり。

 

何が分からない」のかが

「分からない」状態でした。

 

けれど、調べれば調べるほど、

自分の頭で理解することができる。

 

自分で選んだ道だからこそ、

自分主体で生きていかないといけない。

 

人任せにしてばかりではいけないと、

気づかされたきっかけでもありました。

 

 

私の「知識」や「経験」で

誰かの力になれたらいいな、

と思っています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

がじゅまる🌳