20年間「明日」が来ることが怖かった話~私が仕事を辞めてよかったと思う理由①~

こんにちは。

 

 

新卒3年目25歳で5社目を退職した

子なし専業主婦のがじゅまるです。

 

 

今回からは、

5回退職して私が実感した

仕事を辞めてよかったこと

についてお話していきます。

 

 

タイトルにもある通り、

私は過去に、

5つの会社を退職しています。

 

また現在は、

専業主婦」であり、

仕事はしていません。

 

そんな私が、

会社を辞めるたびに、

辞めてよかった」と思ったこと。

 

さらに、今現在、

やっぱり辞めてよかった」と思う、

3つの理由についてお話していきます。

 

 

会社を辞めることが、

必ずしも「正解」ではないし、

すべて」でもないと思っています。

 

その人によって、

ベストな答え」は違います。

 

働くことで得られるものも、

たくさんあるからです。

 

しかし、

「働く」ことが、

必要以上に負荷になり、

失うもの」が出てくる。

 

そうなったときに、

働くことを手放す選択もあるのだ、と。

 

少しでも、

今の働き方と向き合う

ひとつの参考になればうれしいです。

 

それでは早速ご紹介していきます。

 

 

 

★私が仕事を辞めてよかったこと★

 

今回は1つ目。

明日が来ることが怖くなくなった

 

 

 

 

何を言っているのだ、

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

1つ目に関しては、

わかるわかる!!」と

共感されるか、

意味がわからない」と

拒絶されるか、

はっきりふたつに分かれることが多いです。

 

少し詳しく説明していきます。

 

私は、

学生時代から社会人になっても、

とにかく「明日が来る」ということが怖かった。

 

それはつまり、

学校や会社へ行くことが、

心底嫌で嫌でたまらなかったのです。

 

 

私は小学生のころから、

生粋の「学校嫌い

 

それは中学生になっても、

高校生になっても、

大学生になっても、

ずっとずっと続きました。

 

社会人になれば大丈夫だろう」

と思っていましたが、

やはり大人になっても、

苦手なものは苦手のまま

 

 

学校や会社へ「行きたくない

という気持ちが大きくなりすぎて、

「明日が来る」ということが、

怖くて怖くてたまりませんでした

 

 

休日は休日で、

休み明けの朝のことばかり考えてしまって、

やっぱり怖い。

 

昔から、

とにかく嫌なことばかりを考えてしまう癖があるのです。

 

 

金曜日の夜は、

月曜日の朝のことを考えている。

 

旅行に行く前は、

帰ってきたときのことを考えている。

 

 

この楽しみはいずれ終わる

 

当たり前なのですが、

その当たり前にとにかく囚われやすい。

 

そして厄介なことに、

「楽しみ」ではなく、

終わる」ことばかりに

目を向けてしまう。

 

「未来」にフォーカスを当てすぎて、

「今」が全く見えていないのです。

 

 

これはおそらく、

私特有の傾向・特性だと思うのですが、

「気持ちの温度の高低差をなるべく小さくしたい」

 

「楽しい」というプラスの感情と、

その逆のマイナスの感情の間で、

自分が大きく振り回されることが、

私にとって何よりの「苦痛」でした。

 

その苦痛を和らげるために、

「今」ではなく、

「未来」にフォーカスをあて、

自分の感情をできるだけ、

マイナスに近づけていました

 

それはつまり、

できるだけ「今」を楽しまないということ。

 

「終わり」に備え、

常に感情を抑え込む。

 

そうやって、約20年間、

私は私なりに自分を守ってきたのです。

 

 

しかし仕事を辞めて、

その感情に囚われていないことに気が付きました。

 

「今」を楽しめるようになったのです。

 

これは今までに感じたことのない気持ちよさでした。

 

「明日が来る」ことが怖くない

 

 

今までは、

「明日」は「苦手なこと」が待っていた。

 

学校会社へ行くことは、

私にとって何より「苦手なこと」でした。

 

そしてそれは、

まるで永遠に繰り返されるような、

終わりのない日々にも感じました。

 

 

しかし、

仕事を辞め、

会社に行かなくてもよくなれば、

もう何も「苦手なこと」は待っていない。

 

そして、

「明日」は「今日の続き」でしかないと、

気が付いたのです。

 

「今日」を思いっきり生きても、

「明日」は何も怖くない。

 

当たり前のことだけど、

やっとその当たり前を、

身をもって感じることができたのです。

 

仕事を辞めて以降、

感情が振り回されることも、

マイナスの感情で生きることも、

とても少なくなりました。

 

未来を過度に心配する必要がなくなったのです。

 

 

「明日」に恐怖を感じなくなることは、

「今日」を思い切り生きることにつながります。

 

これは私にとって、

人生が180度変わる

大きなきっかけにもなりました。

 

今まで見逃していた景色を、

目一杯楽しむことができるようになったのです。

 

 

もし私と同じように、

明日が来ることが怖い」と

感じる人がいたら、

自分が囚われているマイナスの感情に、

目を向けてみてください。

 

そのマイナスの感情を取り除き、

「明日」に恐怖を感じなくなったとき、

目の前に広がる世界は、

今まで以上に美しく見えるはずです。

 

 

次回は「2つ目の理由」について

お話していきます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

がじゅまる🌳