私がどうしても新婚旅行に行きたい3つの理由~夫婦の時間に息抜きを~

こんにちは。

 

 

新卒3年目25歳で5社目を退職した

子なし専業主婦のがじゅまるです。

 

 

今回のテーマは「新婚旅行

 

私事で恐縮ですが、

明日から1週間、

念願の「新婚旅行」に行ってきます。

 

 

過去にも何度かお話していますが、

私たちが結婚したとき、

世界はコロナウイルス大流行中。

 

顔合わせも、結婚式も、新婚旅行も、

すべてが白紙になりました。

 

gajumaru8521.hatenablog.com

 

結婚式に関しては、

今後挙式を行う予定はありません。

 

その理由についても、

過去の記事で詳しく話していますので、

興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

 

私の中で、いつまでも大きなしこりとなり、

心に引っかかっていたのが「新婚旅行

 

gajumaru8521.hatenablog.com

 

一度は行き先を決め、ホテルまで予約しました。

 

けれど、それも中止

 

今年中に旅行へ行くのは難しい

 

何度も自分にそう言い聞かせ、

諦めようとしてきました。

 

 

そんな新婚旅行の計画に、

大きな動きがあったのは、10月上旬のこと。

 

夫の会社の社長からのある一言がきっかけでした。

 

1週間休みを取って旅行に行け

 

社長はずっと、

新婚旅行が中止になったことを、

気に掛けてくださっていたようです。

 

夫の仕事は、

12月から繁忙期に突入します。

 

またこの2カ月ほど、

コロナ感染者も減少傾向にあり、

私たちもワクチン接種済み

 

行くなら今しかない

 

こうして私たちは、

社長の優しさに甘え、

念願新婚旅行に行くことにしました。

 

 

今回は、

私がどうしても新婚旅行に行きたい理由

についてお話しようと思います。

 

 

唯一諦めることのできなかった「新婚旅行

 

私がどうしても譲れなかった、

その理由をご紹介します。

 

 

 

 

 

★私がどうしても新婚旅行に行きたい理由①

夫と長時間過ごしてみたいから

 

 

私たちは、

出会って4年

結婚して1年が経ちますが、

まる2日間以上を、一緒に過ごしたことがありません。

 

 

夫の仕事はサービス業

シフト制で休みは不定

 

もちろん、GW・お盆・お正月などの、

長期休暇はありません。

 

休めても「2連休」が精一杯。

 

かつて私が働いていたとき、

私も「不定休・長期休暇なし」の職場でした。

 

必然的に、

旅行はいつも、日帰りか、1泊2日

 

もちろん、旅行に行けるだけでも幸せですが、

いつか夫と長期間の旅行に行きたいと思っていました。

 

 

私たちは、

生活の大半を別の場所で、別の人と過ごしています。

 

忙しい日々に追われ、

ゆっくり二人で話す時間も、

あまり多いとは言えません。

 

家族になったからこそ、

毎日の生活の中だけで、

その穴を埋めることはとても難しい。

 

だからこそ、何かきっかけが欲しかったのです。

 

 

きっと、私の知らない「」は、

まだまだたくさんあるだろうし、

夫の知らない「」もたくさんある。

 

長時間を共に過ごすことで、

その一面をのぞいてみたい。

 

お互いに「良い」面も、「悪い」面もあります。

 

だからこそ、

たとえその一面が、

自分には理解できなくても、

受け止められるようになりたい

 

 

この旅行を通して、

お互いが今まで以上に、

相手のことを知る時間にしたいのです。

 

 

 

★私がどうしても新婚旅行に行きたい理由②

二人の思い出を作りたいから

 

 

 

ある時ふと、

私たちには「結婚」にまつわる思い出が、

あまりにも少ないと感じました。

 

 

先にもお伝えした通り、

私たちは結婚式を挙げていません。

 

私の母は、今でも時々、

結婚式は楽しかった」と話しています。

 

もう20年以上も前の話なのに、

嬉しそうに話す母の姿は、

とても幸せそうでした。

 

思い出は、いつまでもに残ります。

 

私にも何か、

楽しかった」と思える思い出が、

どうしても作りたかったのです。

 

 

夫の会社の社長が、

ここまで私たちの「新婚旅行」を、

心配してくださったのは、

社長自身にも「思い出」があったから。

 

結婚当初」に行く旅行は、

同じ旅行でも「特別」な思い出になる。

 

もう二度と戻らないこの時期に、

二人」で行っておくべきだ。

 

夫に、そう話してくださったそうです。

 

 

今の「二人」だからこそ、

見える景色があって、感じる思いがある。

 

その思い出を、

いつまでも大切に持ち続けたいのです。

 

 

 

★私がどうしても新婚旅行に行きたい理由③

夫に息抜きをしてほしいから

 

 

学生のころは、

旅行=楽しいこと

 

激安のホテルに泊まり、

朝から晩までとにかく遊ぶ

 

 

けれど大人になって、

旅行は「癒し」でもあると気付きました。

 

旅館でのんびりする時間、

きれいな景色をただ眺める時間、

学生のころにはわからなかったその「癒し」の時間が、

今は何よりの旅行の醍醐味

 

私たち夫婦は、

あまり予定を詰めすぎず、

のんびりとした旅行が大好きです。

 

 

だからこそ、

この新婚旅行で、

夫には息抜きをしてほしい

 

いつもいつも頑張りすぎる夫。

 

真面目で優しいからこそ、

その分一人で背負ってしまうことも多い。

 

この旅行が決まった時も、

最後の最後まで仕事のことを心配していました。

 

 

結婚」を決意し、

私と人生を共にする覚悟をしてくれた夫に、

感謝しかありません。

 

夫には夫の人生が、

私には私の人生があると、

口で言うのは簡単です。

 

やはりどうしても、

夫に「結婚」を迫ったことで、

私は夫の人生を奪ったような感覚に陥ることがあります。

 

夫の自由を奪ってしまっていないか。

夫の可能性を狭めてしまっていないか。

 

けれど夫は、

結婚してよかった」と言ってくれる。

 

 

この旅行が、

夫への恩返しのひとつになれば、

夫にとって幸せな時間になれば、

それ以上、望むことはありません。

 

 

それでは、行ってまいります。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

がじゅまる🌳