私が専業主婦を続ける3つの理由~人生は通過点の連続~

こんにちは。

 

 

新卒3年目25歳で5社目を退職した

子なし専業主婦のがじゅまるです。

 

 

今回は、

私が専業主婦を続ける理由

についてお話します。

 

 

ブログ名にもある通り、

私はこれまでに5つの会社を退職し、

現在は専業主婦をしています。

 

子どもはおらず、特に予定もありません。

 

「25歳」という年齢から、

なんで若くて子どももいないのに専業主婦なの?

と聞かれることもあります。

 

共働き」が当たり前になりつつあるこの時代に、

」でも「会社勤め」でもない私は、

少し異様な存在なのかもしれません。

 

 

今回は、私が、

6つ目の会社に転職することもなく、

専業主婦を続けている理由について、

詳しくお話しようと思います。

 

もしよろしければお付き合いください。

 

 

私が専業主婦を続ける理由①

夫との時間を大切にしたいから

 

私の夫は、サービス業の仕事をしています。

 

毎朝6時半に家を出て、帰ってくるのは20時過ぎ。

 

休日はシフト制で、土日休みとは無縁の世界。

 

 

私がまだ会社に勤めていたころ、

夫とはすれ違ってばかりの毎日でした。

 

休日がうまくかぶらず、

二人で過ごす時間はほとんどなかったのです。

 

 

生活のすれ違いが続くと、

徐々に「」のすれ違いも生じてきます。

 

些細なことでケンカをしたり、

ちょっとしたことで傷ついたり。

 

きちんと仲直りをすることも、

面と向かって話し合うこともできない。

 

時間」と「心の余裕」は、

まるで比例しているかのように、

私たちはどんどんお互いに距離を感じるようになりました。

 

 

私が専業主婦になったことで、

一番変化を感じたことが「夫との関係」でした。

 

不思議なほどに、ケンカの数は減り、

二人の間に「嫌な空気」が流れることはなくなりました。

 

一緒に過ごす時間が増えたことで、

必然的に二人の会話が増え、

今まで以上にお互いのことを理解できるようになったのです。

 

お互いが歩み寄らなければ、

いつまでも距離は縮まらない。

 

夫と一生を共にしたいと思うからこそ、

夫との時間」を自らの手で作り出し、

大切に守っていかなくてはいけないと思っています。

 

 

私が専業主婦を続ける理由②

体調が万全ではないから

 

過去の記事でもお話していますが、

私は3社目に勤めていた際に「うつ状態」と診断され、

約2カ月間の休職を経験しました。

 

当時はとても辛く、

食事をすることも、眠ることもままならない。

 

自分という存在が嫌で嫌でたまりませんでした。

 

休職をしたことで、

身体的にはだいぶ楽になり、

少しずつ回復の兆しが見えていました。

 

働かなくては」という気持ちも芽生え、

実際4つ目5つ目の会社に転職もしました。

 

私は、完全にうつ状態」を克服したと、

強く信じ込んでいたのです。

 

 

私は自分の症状を「軽症」だと思っていました。

 

もちろん、

私以上にもっと辛い思いをされている方もいるし、

症状が強く現れる方もいらっしゃいます。

 

 

精神疾患で一番の難点は、

目に見えない症状が多すぎること

 

心の状態を、医師が診断することはもちろん、

自分自身ですら正しく理解することは難しい。

 

だからこそ、

気付かぬ間にどんどん悪化していることもあるのです。

 

 

自分自身の精神状態に「あれ?」と思うことが、

私には時々あります。

 

些細なことで心が乱れ、

心拍や呼吸が速くなり、

気が付けばボロボロと泣いている。

 

特にきっかけも意味もなく気持ちが沈み、

何に対してもやる気が出ないことで、

自己嫌悪に陥る。

 

 

これまで自分の「弱さ」が原因だと思っていましたが、

うつ状態」への引き金が、

他の人過去の自分に比べ少しゆるいのかもしれません。

 

 

自分の心は、自分にしか守れない

 

過去の経験から、私はこのことを強く学びました。

 

だからこそ、

今は無理をして働きに出るべきではない。

 

今はしっかりと自分を労わる時期なのだと、

そう思っています。

 

 

私が専業主婦を続ける理由③

やりたいことが見つからないから

 

私が専業主婦になると決めたのは、

夫の強い勧めがあってのことでした。

 

専業主婦になるということは、

夫の収入のみで生活していくということ。

 

幸いにも子どもはおらず、

お互いの生活水準はそこまで高くない。

 

私自身も、ある程度の貯金があり、

専業主婦になることは、

決して「不可能」な選択ではありませんでした。

 

 

夫が専業主婦を勧めてくれた理由の一つに、

やりたいことを見つけてほしい

という思いがありました。

 

私の性格をよく理解してくれている夫は、

私の仕事へのモチベーションが、

お金」では満たされず、

やりがい」が何よりのモチベーションになると、

そう指摘してくれました。

 

このまま一生専業主婦でいたいとは、

考えていません。

 

やはりいずれはもう一度社会に出て、

少しでも人の役に立ちたい

 

ただこれだけの転職を経験し、

休職をした過去もある。

 

だからこそ、人一倍慎重に、

そして真剣に未来を考えたい。

 

今はそんな思いで、

さまざまな選択肢を探しています。

 

 

まとめ

 

人生に迷ったり立ち止まったりする時間は、

他の時間に比べてとても長く感じます。

 

暗闇の中にいるような、

そんな孤独を感じることもあります。

 

「専業主婦」という言葉を、

あまり良い印象で受け止めない人がいるということを、

自分が専業主婦になって初めて知りました。

 

転職を繰り返し、

最終的に専業主婦に辿り着いた私を、

よく思わないことは仕方のないことなのかもしれません。

 

ですが、人生は「通過点」の連続。

 

今のこの専業主婦も、

私の人生の中のひとつの「通過点」でしかありません。

 

この先どんな未来が待っているのか、

それは誰にもわかりません。

 

子どもを授かっているかもしれないし、

新たな仕事を始めているかもしれない。

 

どんな人生のステージにいたとしても、

それは「通過点」でしかない。

 

その通過点を、いかに楽しく有意義に過ごせるか

 

それだけなのではないかなと思っています。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

がじゅまる🌳