自分の感情を整理する場所~①日記をつける~

新年あけましておめでとうございます。

 

こんにちは。

 

新卒3年目25歳で5社目を退職した

子なし専業主婦のがじゅまるです。

 

 

いよいよ2022年を迎え、

新たな1年がスタートしました。

 

 

とにかく変化の多かった2021年。

 

果たして2022年はどんな1年になるのか、

自分でも全く予想がつきませんがとても楽しみです。

 

 

さて、今年はあることを、

1年をかけて挑戦してみようと思っています。

 

 

私が好きな本の1冊に、

毎日の暮らしが輝く52の習慣」という本があります。

 

52の習慣を1週間1つずつ実践し、

1年をかけて人生に大きな変化をもたらす。

 

小さな変化を積み重ねることで、

徐々に習慣を変えていこうというものです。

 

一度にすべてを変えるのではなく、

小さくゆっくりコツコツと変えていく。

 

三日坊主常習犯の私ですが、

このブログの中で1週間に1回、

その内容過程をご紹介していきます。

 

 

習慣」にするためには、

やはり「継続」が一番必要となります。

 

1年をかけて焦らずゆっくりと、

けれど着実に自分を変えていく。

 

 

この習慣を通して、

少しでもこの2022年が実りのある1年になれば、

そんな思いで発信していこうと思っています。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

~毎日の暮らしが輝く52の習慣~

「01/52 日記をつける」

 

 

子どものころ、分厚い日記帳に憧れて、

母に買ってもらったことがありました。

 

3年分の日記を書けるようになっていて、

3年後の自分がどうなっているのか、

想像するだけでわくわくしたことを覚えています。

 

けれど案の定、日記は3年も続きませんでした。

 

 

よく「忘れてしまうから続かない」

という話を聞きますが、

私は忘れることはほとんどありません。

 

私は「忘れてしまう」のではなく、

面倒くさくなってしまう」のです。

 

分厚い日記帳も、

その存在を忘れたことはありません。

 

毎晩毎晩、「書かないと」と思いながら、

自分の中にある怠惰の心に負け続けたのです。

 

 

私は幼いころから、

生粋の「面倒くさがり屋」でした。

 

 

そんな私が、唯一書き続けた日記があります。

 

それは、スマホアプリの日記帳。

 

「My日記」をApp Storeで (apple.com)

 

自分でも驚いたのですが、

日記帳をアプリに変えてから、

毎日日記をつけるようになっていました。

 

アプリなら、寝る前にベッドの中で書くことができます。

 

紙の日記帳に比べ、書き始めるまでの動作が少なく、

面倒くさがり屋の私にもってこい。

 

ふとした時に書くことができるので、

日記のハードルはぐんと下がり、続けやすい。

 

当初は「手書き」や「」にこだわっていたのですが、

残す」ことよりも「続ける」ことが、

私にとっての目標だったので、

アプリにシフトチェンジしたことは大当たりでした。

 

 

私は、その日の出来事よりも、

その日の感情を書き残すことが多く、

日記は気持ちの整理の場にもなっています。

 

誰にも見せない・見られないという安心感から、

ネガティブな感情を書くことが多くあります。

 

もやもやした気持ちを吐き出すことで、

少し気持ちがになる。

 

嫌なことや、悲しいことがあれば、

日記に書き出すことで、

そのときの感情や思いを消化させる。

 

外に出しにくい感情を、

自分の中で消化し、浄化させることができる。

 

私にとって、日記はそんな役割をもっています。

 

 

昨年、仕事を辞め専業主婦になってからは、

朝日記」というものをつけていました。

 

あるYouTuberの方が動画内でおすすめされていて、

私も真似してみることにしたのです。

 

その方曰く、朝は頭がすっきりしているので、

目標」や「」を書き出して頭に再認識させれば、

一日の行動に反映させることができるらしい。

 

私は、あまりルールは作らずに、

そのとき思ったことをノートに書き続けました。

 

仕事をしていたときは、

朝の忙しい時間にノートを開くなんて考えられませんでしたが、

専業主婦になって時間だけはたっぷりある。

 

書き進めるうちに、

自分でも気付かない間に不安心配を抱えていることを知り、

もっと自分の気持ちに寄り添わなくてはと思うこともありました。

 

他にも、やりたいことリストを作ったり、

今後の計画を立てたり。

 

朝日記をつけ始めてから、

一日のスタートを気持ちよくきることができるようになりました。

 

 

先ほども書きましたが、

私は「残す」ことはあまり目的の中にありません。

 

もちろん読み返すこともありますが、

ネガティブな内容が多いので、

あまり読み返したくないと思うことの方が多い。

 

日記はやはり私にとって、

自分の感情を整理する場所

 

喜怒哀楽に加え、うまく言葉にできない、

さまざまな感情心の声をただひたすらに書き続ける。

 

そうすることで、私は自分を取り戻していく

 

書き終わると、

不思議と心がすっきりしているのです。

 

 

日記をつける目的は、人それぞれだと思います。

 

日記を読み返せば、

過去の思い出をもう一度味わうことができるし、

過去の自分に会うこともできる。

 

自分の成長を感じることもできる。

 

 

人生は本当に色んなことがありますが、

同じように毎日にも色んなことがあります。

 

似たような1日でも、

自分の感情思いは全然違っていて、

日々変化している。

 

その変化の日々を、日記に残すことで、

また明日をリセットして過ごすことができる。

 

その繰り返しの中で、

人は着実に成長し、進化していくのだと思っています。

 

 

自分のお気に入りのスタイルを見つけて、

ぜひ日記をつけてみてください。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

がじゅまる🌳