まだ見ぬ世界への現実逃避~④読書を楽しむ~

こんにちは。

 

 

新卒3年目25歳で5社目を退職した

子なし専業主婦のがじゅまるです。

 

 

今回は1週間に1回の、

習慣作り」をテーマにお話します。

 

 

私の好きな本の1冊に、

毎日の暮らしが輝く52の習慣」という本があります。

 

52の習慣を1週間1つずつ実践し、

1年をかけて人生に大きな変化をもたらす。

 

小さな変化を積み重ねることで、

徐々に習慣を変えていこうというものです。

 

 

前回の習慣は「毎日できるだけたくさん笑う

gajumaru8521.hatenablog.com

 

なかなか人と会うことのできないこのご時世。

 

私自身、専業主婦ということもあり、

引きこもりがちな生活が続いていました。

 

そんな生活を少しでも明るいものにしたい。

 

そこで私はYouTubeを活用し、

毎日の生活に「笑い」を取り入れるようにしました。

 

本当に不思議なもので、

笑っていると心の調子が良くなり、

様々なことに前向きに取り組むことができる。

 

笑う門には福来る」という言葉の意味を、

身をもって感じています。

 

 

それでは早速、今週のテーマをご紹介します。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

~毎日の暮らしが輝く52の習慣~

「04/52 読書を楽しむ」

 

私にとって読書は、

幼いころから毎日の楽しみでもありました。

 

初めて図書館に連れて行ってもらった日のことを、

今でも鮮明に覚えています。

 

読み切れないほどの本が眠る、

まるで夢のような場所

 

母にねだり、何時間も何時間も図書館で本を読み続けていました。

 

小学生になっても、中学生になっても、

図書館に足しげく通い、

数えきれないほどの本を読んできました。

 

 

あまり好きではなかった学校生活

 

その1日の終わりに、布団にくるまりながらする読書

 

その時間は私にとって幸せ以外の何物でもありませんでした。

 

 

どこへ行くにもを持ち歩いていて、

時間があれば読書にふける。

 

私はいつも本の中に広がるその世界に夢中でした。

 

 

大人になった今も、読書は私にとって「幸せの時間

 

読書ができる時間を確保できる生活が、

私にとって何よりの理想の生活であると、

この1年で改めて実感しました。

 

仕事に追われ、心身ともにすり減っていた頃

読書をする時間はほとんどありませんでした。

 

それでも「本が読みたい」と思い、

手に取っていたのはビジネス本自己啓発本

 

どうにかこの状況を抜け出したい

今の自分を変えたいと、躍起になって読み漁りました。

 

もちろんそこから得られるものはたくさんあったし、

様々な考え方を知ることができました。

 

けれどそこに、

幼いころに感じたような「幸せ」はありませんでした。

 

純粋に読書を楽しむことができなくなっていたのです。

 

 

私の読む本のほとんどは小説で、

日常を切り取ったようなあまり大きな事件のないお話ばかり。

 

ファンタジーミステリーは、

あまり自ら進んで手に取ることはありません。

 

恐らく私は本を読む中で、

本の中に広がる世界が、この地球上のどこかに存在してほしいと、

心のどこかで願っている。

 

そう願うことで、自分の生きている毎日から、

少しだけ解放されたように感じるのです。

 

 

あまり読書をしない人たちから、

どうやったら読書が続くかな」と、

相談されることが時々あります。

 

本を買っても読まずに放置してしまったり、

読み始めても途中で飽きてしまったり。

 

けれどその相談に、

私は「これ」という答えを出すことができません。

 

私自身、どうしてこんなにも本を読むのか、

自分でもよくわからないのです。

 

コツがあるわけでも、方法があるわけでもない。

 

ただ一つだけ言えることは、

私は読書をすることで、現実逃避をしているのです。

 

本を開けば自分の生きる世界とは違う世界があって、

私はその世界を俯瞰して見ることができる。

 

自分の生きる世界では見ることのできない、

たくさんの景色を、感情を、生き様を見ることができる。

 

その快感を、ずっと忘れることができないのです。

 

 

これまでたくさんの本を読んできましたが、

残念なことにそのほとんどが記憶にありません

 

本当に読んでるの?」と言われてしまうぐらい、

私は記憶力が悪い。

 

次の本を読み始めると、

途端に前の本の内容が頭から抜け落ちてしまうのです。

 

そのため、私は同じ本を何度も読みます。

 

そしてそのたびに、その本の世界に浸り、感動する。

 

それはそれでコスパが良いなと思っています。

 

 

まだこの世界には、読み切れないほどの本が存在し、

その本をいくらでも自由に好きなだけ読むことができる。

 

そう思うだけで、心の底からわくわくします。

 

 

読書は私にとって、もはや欠かすことのできない習慣

 

その習慣を大切にしながら、

これからもたくさんの本を読んでいきたいです。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

がじゅまる🌳