自分の休憩は自分でとる~⑤しっかり休憩をとる~

こんにちは。

 

 

新卒3年目25歳で5社目を退職した

子なし専業主婦のがじゅまるです。

 

 

今回は1週間に1回の、

習慣作り」をテーマにお話します。

 

 

私の好きな本の1冊に、

毎日の暮らしが輝く52の習慣」という本があります。

 

52の習慣を1週間1つずつ実践し、

1年をかけて人生に大きな変化をもたらす。

 

小さな変化を積み重ねることで、

徐々に習慣を変えていこうというものです。

 

 

前回の習慣は「読書を楽しむ

gajumaru8521.hatenablog.com

 

幼いころから本を読むことが大好きで、

これまでたくさんの本を読んできました。

 

本の中には、私の知らない世界がたくさんある。

 

その世界を覗き見ることが、

私にとって何よりの楽しみであり生きがいでもありました。

 

 

読書の時間を確保できる生活。

 

この生活は、私にとって理想の生活であり、

私の人生にとって決して欠かすことができません。

 

好きなことに夢中になれる時間は、

生きていくうえでとても大切なものなのではないでしょうか。

 

これからもたくさんの本に出会い、

たくさんの世界を見てみたい。

 

読書を楽しむ」習慣は、

いつまでも大切にしていきたいと思っています。

 

 

それでは今週のテーマをご紹介します。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

~毎日の暮らしが輝く52の習慣~

「05/52 しっかり休憩をとる」

 

休憩」の大切さを身に染みて感じたのは、

仕事を辞め専業主婦になってからのことでした。

 

 

私はこれまで5つの会社を退職し、

学生時代にもいくつかのアルバイトを経験しました。

 

引きが強いのか、運が悪いのか、

そのどれもがあまり「休憩」のない職場ばかりでした。

 

もちろん表面上はきちんと「休憩時間」が確保されていましたが、

実際には名前ばかり。

 

忙しさに流され、休憩はいつも後回しにしていました。

 

特に初めてのアルバイト先は「休憩」がそもそも存在せず、

私はそれが「当たり前」なのだと思っていました。

 

 

社会人になり、がむしゃらに働いた3社目

 

私はその会社で体調を崩し、

うつ状態」と診断されました。

 

12時間以上働くことも多かったのですが、

それでも休憩は「トイレ」だけ。

 

昼食はいつもPCとにらめっこしながら、

お茶で流し込んでいました。

 

仕事に追われる毎日に耐えきれなくなり、

私は3社目を退職しました。

 

結局その後2つの会社を退職しましたが、

理由はそれぞれ違えど、

やはり体の調子がなかなか戻ってこないことも、

大きな理由のひとつでもありました。

 

 

専業主婦になり、これまでの生活で、

どれだけ自分を苦しめてきたのかを痛感しました。

 

自分に休憩を与えなかったのは、

会社でも上司でもない。

 

休憩がない」「休憩時間は名前だけ

 

そんなことを言い訳にして、

自分に休憩を与えなかったのは、他でもない自分でした。

 

身体のSOSを感じ取っていながら、

私は休憩をとることを放棄し続けてきたのです。

 

 

会社を辞めて、自分の代わりはいくらでもいるということを、

嫌と言うほど思い知らされました。

 

けれど、自分の人生で自分の代わりは自分以外にいない。

 

自分を酷使するのも、休ませるのも、

自分でしかないのです。

 

 

専業主婦ならずっと休憩時間だね

なんて言われることもたまにありますが、

専業主婦だからこそ、きちんと休憩をとるよう意識しています。

 

もちろん会社勤めに比べれば時間の融通は利きますが、

それでも生活のサイクルは夫が中心。

 

夫の生活リズムに合わせていると、

知らず知らずのうちに身体に負担がかかっている。

 

自分のことは後回しにしてしまいがちな専業主婦だからこそ、

時間を見つけて休憩をとっています。

 

私にとっての休憩は、

好きな飲み物を飲みながら読書をすること。

 

コーヒーや紅茶、日本茶など、

その日の気分に合わせて飲み物を選び、

ゆっくりと本を読む。

 

その時間は私にとって、

何よりの癒しであり、幸せな時間。

 

そんな時間があるからこそ、

また元気が出て、やる気が湧いてくる。

 

 

もしこの「休憩」の大切さをもっと早く知っていたら、

私はもう少しうまく働けていたのかもしれない。

 

そう思うことがあります。

 

他の人に迷惑をかけたくない」と、

自分を蔑ろにしてきた過去の自分。

 

私が休憩をとっても、

誰も責めたり怒ったりしないよ。

 

もし過去の自分に会えるのであれば、

そう声をかけてあげたいです。

 

 

お気に入りの休憩」を見つけて、

しっかり自分を休ませる。

 

これからもその習慣を大切にしていきたいです。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

がじゅまる🌳