夫婦喧嘩は「感謝」を忘れた頃にやってくる~⑥小さなことに感謝する~

こんにちは。



新卒3年目25歳で5社目を退職した

子なし専業主婦のがじゅまるです。

 

 

今回は1週間に1回の、

習慣作り」をテーマにお話します。

 

 

私の好きな本の1冊に、

毎日の暮らしが輝く52の習慣」という本があります。

 

52の習慣を1週間1つずつ実践し、

1年をかけて人生に大きな変化をもたらす。

 

小さな変化を積み重ねることで、

徐々に習慣を変えていこうというものです。

 

 

前回の習慣は「しっかり休憩をとる

gajumaru8521.hatenablog.com

 

これまで「休憩」をとることの大切さを知らず、

自分を酷使し続けてきました。

 

疲れている自分を労わってあげられるのは、

自分のことを一番よく知っている」だけ。

 

そのことに気付いてからは、

積極的に休憩をとるようにしています。

 

最近のお気に入りは、ゆっくりと飲み物を作ること。

 

コーヒーや紅茶など、

それぞれの飲み物に合わせた入れ方をすると、

驚くほどに味が美味しくなる。

 

美味しい飲み物を飲みながら、

ホッと息をつく瞬間は、

私にとって何よりの癒しとなっています。

 

これからも自分を労わる時間を忘れずに、

ずっと大切にしていきたい習慣です。

 

 

それでは今週のテーマをご紹介します。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

~毎日の暮らしが輝く52の習慣~

「06/52 小さなことに感謝する」

 

2022年が始まり、あっという間に1カ月が過ぎ去りましたが、

この1カ月は夫との衝突が絶えない1カ月でした。

 

 

何か「これ」といった理由や、

きっかけとなるような出来事も見当たらない。

 

けれど私と夫の間に、目には見えない、

何か得体の知れないものが入り込んでいる。

 

その正体がつかめずに、

とても居心地の悪い1カ月を過ごしました。

 

 

私たち夫婦は、元々ケンカの絶えない関係でした。

 

特に私が会社勤めをしていた頃は、

小さなことでよくケンカをしていました。

 

夫はほとんど怒ることがないのですが、

とにかく私の地雷を踏むのが得意

 

夫に悪気はないとわかっていても、

ストレスで溢れていた私には、

どうしても笑って許すことができない。

 

そのまま私の怒りがヒートアップし、

ついには夫も拗ねるという、

少し幼稚なケンカを幾度も繰り返してきました。

 

 

私が専業主婦になってからは、

私自身のストレスが大きく削減されたこともあり、

比較的穏やかな関係が続いていました。

 

しかし、2022年を迎えてから、

どうにも夫婦の関係が良くない。

 

ほぼ毎週のように夫と衝突するようになっていたのです。

 

せっかくの休日も、ピリピリとした空気が二人の間に流れ、

お互いの態度も素っ気ないものになっていきました。

 

 

そうしてある日、

ついに二人の火山が大噴火を起こしました。

 

思い出すだけで心が痛くなるぐらい、

今までにないほど激しい口論になってしまいました。

 

けれどその中に、今までそれぞれが心に溜めていた、

お互いの不安不満が見え隠れしていました。

 

一週間ほどの冷戦期間を終え、

私たちはもう一度しっかりと話し合いをしました。

 

その中で私が気付かされたことが、

夫への感謝の気持ちが薄れている」ということ。

 

自分のこれまでの行動や、夫への態度を思い出し、

自分がとても情けなくなりました。

 

今まで、夫が「やってくれたこと」に対して、

それがどんなに些細なことで、

きちんと「ありがとう」と言えていた。

 

けれど、ここ最近は、

やってくれないこと」ばかりを数え、

その不満を八つ当たりのようにぶつけていた。

 

些細な「やってくれたこと」は、

私の中で「当たり前」になってしまい、

感謝の気持ちすら忘れてしまっていたのです。

 

衝突の原因は「」にあると思い込み、

自分のことは棚に上げ、

不満文句ばかりを募らせていました。

 

けれど、本当の衝突の原因は、

感謝の気持ちを忘れたこと」だったのです。

 

 

私はそれから、どんな些細なことにも、

気が付いたときに「ありがとう」と伝えています。

 

不思議なもので、「ありがとう」という言葉は、

言われた相手言った本人も、ほっこり幸せな気持ちになれる。

 

不満を口にして虚しくなるぐらいなら、

感謝を口にして幸せを感じたい。

 

そう思い、自分の言動を改めて見直しました。

 

その後、夫も同じように、

私への感謝の気持ちが薄れていた」と話してくれました。

 

やはり毎日一緒に暮らしていると、

その存在も行動もすべてが「当たり前」だと思ってしまう。

 

今ではお互いに意識して感謝の気持ちを伝えるようにしています。

 

きっとまた月日が経てば、

少しずつ感謝の気持ちも薄れていって、

同じようなケンカを繰り返す。

 

そうしたら、そのときはまた、

相手への感謝の気持ちを思い出せばいい。

 

そうやって繰り返しながら、

少しずつ「感謝の気持ち」を習慣化していきたいです。

 

 

 

食べ物があること、寝る場所があること、

そして、生きていることにいつも感謝の気持ちを。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

がじゅまる🌳