忘れっぽい私の攻略法~⑮やることリストを作る~

こんにちは。

 

 

新卒3年目25歳で5社目を退職した

子なし専業主婦のがじゅまるです。

 

 

今回は1週間に1回の、

習慣作り」をテーマにお話します。

 

 

私の好きな本の1冊に、

毎日の暮らしが輝く52の習慣」という本があります。

f:id:natto3218rn:20220323115716j:plain

 

52の習慣を1週間1つずつ実践し、

1年をかけて人生に大きな変化をもたらす。

 

小さな変化を積み重ねることで、

徐々に習慣を変えていこうというものです。

 

 

前回の習慣は「自分だけの目標を作る

gajumaru8521.hatenablog.com

 

新年度がスタートし、

心新たに「目標」を立てた方も多いのではないでしょうか。

 

かつての私は、

目標を作ることに満足し、

最後まで達成できないことが多々ありました。

 

「できなかった」という劣等感は、

時に自分のやる気を根こそぎ奪っていく。

 

そこで私は、目標の設定方法を見直すことにしました。

 

大きな目標を設定するだけではなく、

その目標を分割したハードルの低い目標をいくつか設定し、

まずはその目標を達成することに集中するようにしました。

 

すると、「できた」という達成感が、

大きな目標へのモチベーションとなり、

継続して取り組むことができるようになったのです。

 

 

これからも試行錯誤しながら、

大きな目標に向けてステップアップしていきたいです。

 

 

それでは今週のテーマをご紹介します。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

~毎日の暮らしが輝く52の習慣~

「15/52 やることリストを作る」

 

面倒くさがり屋に加え、

忘れっぽい私の頭の中にいつも浮かんでいるのは、

何をしないといけないんだっけ」という言葉。

 

何かをしよう」と思っていたのに、

その「何か」を思い出せない。

 

もやもやしたまま時間だけが過ぎていき、

忘れた頃にふと思い出す。

 

そうやって何度も何度も先延ばしにしてしまったことが、

これまで数え切れないほどにありました。

 

やることリストを作れば解決するんだろうな」

とわかってはいたものの、なかなか実行に移せない

 

生粋の面倒くさがり屋には、

少しハードルが高かったのです。

 

 

私の夫は、スマホメモ機能を活用し、

「やることリスト」を作っています。

 

その姿を見て、真似してみようと思ったのですが、

驚くほどに続かない。

 

自分の中で習慣化されていないこともあり、

「やることリスト」の存在自体忘れてしまうのです。

 

 

私には向いていないんだ」と諦めかけたとき、

ふとあることを思いつきました。

 

今ある習慣に付け加えてみよう

 

これは過去に読んだ本の中に書かれていたのですが、

新たな習慣を根付かせようとするとき、

先にある習慣に付随させると定着率が高くなるそうなのです。

 

何もないところに習慣づけようとしても、

すっかり忘れてしまったり

その行動自体が面倒くさく感じたりしてしまう。

 

しかし、先に自分の中で定着している習慣であれば、

忘れることもなく、流れるように取り組むことができるのです。

 

私は毎朝、ノートに「朝日記」をつけています。

 

主に、今の自分が考えていることや、感じたことなど、

内面的なものを書いて、頭の中を整理させていました。

 

その時間に、「やることリスト」も作るようにしてみたのです。

 

私はいつも、朝のうちに今日やりたいことを頭に浮かべ、

大体の一日の流れを考える癖がありました。

 

それを言語化し、目に見える形にする。

 

いつもの習慣に、ひとつだけ作業を加える。

 

これが私の中では大成功でした。

 

いつもの習慣の流れのまま取り組めるので、

忘れることもなく、ストレスを感じることもない。

 

朝のうちに「やりたい」と思っていたことを、

やり残すことなく一日を終えることができるようになったのです。

 

 

まだまだ改善点はあります。

 

長期的なことや、期限のないことに関しては、

後回しにするという悪い癖が出てしまう。

 

期限別の「やることリスト」を作り、

定期的に見直す習慣をつけなくてはいけません。

 

今回の件を通して、

自分には「向いていない」と思い込んでいたことも、

少しの工夫によって習慣化できるのだと知ることができました。

 

無理矢理やっても、強引にやっても、

それは何ひとつとして自分の習慣にはならない。

 

継続」という視点を見失ってはいけないと実感しました。

 

これからも自分に合ったやり方を探し、

自分にとって心地よい習慣作りをしていきたいです。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

がじゅまる🌳