新緑の美しい京都へ~1泊2日の弾丸京都旅行に行ってきました~

こんにちは。

 

 

新卒3年目25歳で5社目を退職した

子なし専業主婦のがじゅまるです。

 

 

先日、1泊2日の京都旅行へ行ってきました。

 

の見頃は終わってしまっていましたが、

新緑がとても美しく、良い気分転換に。

 

宿泊したホテルもとても素敵なところで、

充実した京都旅行となりました。

 

一つずつご紹介しようと思いますので、

興味のある方はぜひ最後までお付き合いください。

 

 

1.2年ぶりの京都旅行

 

今回の京都旅行は、「THE・京都を巡ろう」ということで、

目的地を清水寺伏見稲荷大社に絞って観光してきました。

 

京都を訪れるのは、約2年ぶり。

 

最後に旅行した時は、

ちょうどコロナウイルスが中国で流行し始め、

「まさか日本は大丈夫だよね」なんて言っていた頃。

 

月日の流れを感じるとともに、

世界の大きな変化に少し心が痛くなりました。

 

 

2.新緑の清水寺

 

最初に訪れたのは「清水寺

音羽山 清水寺 (kiyomizudera.or.jp)

 

初めて清水寺を見たのは、今から13年前

 

小学6年生の修学旅行で清水寺に行き、

賑やかなお土産屋さんが並ぶ坂道を、

目を輝かせながら歩いたことを今でもよく覚えています。

 

それ以降、何度も京都を訪れていますが、

そのたびに必ず清水寺へ足を運んでいます。

 

やはり京都観光に、清水寺は外せません。

 

桜の時期は終わっていましたが、

新緑が本当にとても美しく、清水の舞台からは絶景を望めました。

 

子どもの頃にはわからなかった「」の美しさ。

 

こんなにも新緑の時期は美しいのだと、

大人になってから初めて知ることができました。

 

歩き疲れた身体に、緑の癒しが染みわたり、

とても気持ちよく歩くことができました。

 

 

2.木屋町で海鮮丼とコーヒーを

 

昼食は「杉玉 京都河原町」へ。

鮨・酒・肴 杉玉 – 大衆寿司居酒屋 (sugidama-sushiizakaya.jp)

 

店先に置かれていた海鮮丼の写真に夫が釘付けになり、

そのまま吸い込まれるように店内へ。

 

なんとこのボリュームで950円

 

リーズナブルでしたが、とても美味しく、

大満足のお昼ご飯となりました。

 

 

食後のコーヒーを探し歩き、

ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ」へ。

京都木屋町カフェ | ブルーボトルコーヒー【公式】 (bluebottlecoffee.jp)

 

実は念願のブルーボトルコーヒー

 

私は「コールドブリュ―」を、

夫は「ニューオリンズ」を注文。

 

店内はオシャレながらもとても居心地がよく、

ゆっくりと過ごすことができました。

 

 

3.風情のある京都らしいホテル

 

今回宿泊したホテルは、

三井ガーデンホテル京都新町別邸

【公式】三井ガーデンホテル京都新町 別邸 - 四条駅・烏丸駅・町家周辺で宿泊 (gardenhotels.co.jp)

 

京都のホテルの多さにはいつも驚かされますが、

今回はこちらのホテルを選びました。

 

ちなみに選んだ決め手は「大浴場

 

夫は大のお風呂好きなので、

ゆっくりと浸かれる大浴場のあるこちらのホテルを選びました。

 

 

今回宿泊したお部屋は「モデレートクイーン

 

大きなベッドはとても存在感があり、

お部屋はコンパクトでしたが居心地の良い空間でした。

 

 

春先とは言え、暑い日差しの中歩き回ったこともあり、

写真を撮るのも忘れ、しばし休憩。

 

体力を回復させ、夜は京都の街へ繰り出しました。

 

烏丸通にほど近く、飲食店も多いので、

歩いているだけでも楽しい。

 

久しぶりに夫と飲み歩き、とても楽しい夜を過ごせました。

 

 

4.伏見稲荷大社の山頂へ

 

2日目は「伏見稲荷大社」へ。

伏見稲荷大社 (inari.jp)

私は何度か訪れたことがあるのですが、

夫は伏見稲荷大社

 

お天気にも恵まれ、

1日目よりも気温が高く、夏のようでした。

 

何度見ても圧巻の鳥居の数

 

その迫力を肌で感じながら、

一歩一歩足を進めていきます。

 

するとここで夫が一言。

 

せっかくなら山頂に行ってみよう

 

多くの人が分岐点で引き返していく中、

夫はどうしても山頂に行きたいようで、

私も初めての山頂を目指してみることになりました。

 

ただこの山頂までの道のり、

思ったより長く険しく、どんどん足が重くなる

 

どうやら近道を見落としていたらしく、

約1時間かけて山頂に辿り着きました。

 

あまりの疲れようでまたまた写真を撮り忘れ、、、

 

大粒の汗をかきながら、

なんとか見慣れた場所まで下りてくることができました。

 

この後、もう一か所観光してから帰宅する予定だったのですが、

あまりにも疲れて体力が奪われてしまい、そのまま帰宅することに。

 

「なんだかもったいないな」と思いつつ、

自分たちの体力のなさ年齢の重みを思い知る最後となりました。

 

 

5.弾丸京都旅行

 

実はこの京都旅行、夫の久しぶりの2連休が決まり、

急遽行くことになった弾丸ツアー

 

京都の風情と新緑の美しさに、

心身ともに癒された2日間でした。

 

暖かい日が続き、京都の街を歩く観光客や、

たくさんの修学旅行生の姿も多く、

なんだかとても懐かしい気持ちになりました。

 

こんな平和で穏やかな日々が、

これからも変わらずずっと続いてほしい。

 

賑わう京都の地で、たくさんの笑顔を見ながら、

そんなことを強く思いました。

 



 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

がじゅまる🌳