私のスケジュール帳ブーム~㉓やるべきことの予定を立てる~

こんにちは。

 

 

新卒3年目25歳で5社目を退職した

子なし専業主婦のがじゅまるです。

 

 

今回は1週間に1回の、

習慣作り」をテーマにお話します。

 

 

私の好きな本の1冊に、

毎日の暮らしが輝く52の習慣」という本があります。

f:id:natto3218rn:20220323115716j:plain

 

52の習慣を1週間1つずつ実践し、

1年をかけて人生に大きな変化をもたらす。

 

小さな変化を積み重ねることで、

徐々に習慣を変えていこうというものです。

 

 

前回の習慣は「創造力を養う

gajumaru8521.hatenablog.com

 

小学生のころから、

歌を歌うことも、ピアノを弾くことも苦手。

絵を描くことも、物を作ることも、大の苦手。

 

とにかく自分には「センスがない」と思い込み、

創造力」という言葉に苦手意識をもっていました。

 

 

大人になって気が付いたことは、

他人と比べても意味がない」ということ。

 

創造力を養う上で最も重要なことは、

技術の良し悪しや、センスの有無ではなく、

いかに「楽しんで夢中になれるか

 

うまくできなくても、失敗してもいい。

見ているだけでも、眺めるだけでもいい。

 

ただ自分が、「楽しい」「美しい」と感じられる、

その感性が備わっていればいい。

 

それが「創造力を養う」ということなのではないかと思います。

 

 

 

それでは今週のテーマをご紹介します。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

~毎日の暮らしが輝く52の習慣~

「23/52 やるべきことの予定を立てる」

 

 

先日、実家に帰省する機会があり、

久しぶりに自分の部屋に足を踏みいれました。

 

大学卒業と同時に家を出た私の部屋は、あの頃のまま。

 

懐かしい気持ちを噛みしめながら、

これを機にと大掃除をすることにしました。

 

 

その際に発掘された、見覚えのあるスケジュール帳が4冊。

 

大学生時代に使用していたそのスケジュール帳を開き、

思わず自分のことながら感心してしまいました。

 

そのスケジュール帳には、

びっしりと細かく予定が書かれ、

それはもう社会人顔負けのタスクの多さ

 

当時はこんなに忙しかったのかと、我ながら驚いてしまいました。

 

 

保育科の大学に通っていたこともあり、

授業数は多く、実習ボランティアもあれば、

製作物やピアノなどの提出物課題が山のようにありました。

 

さらに私はアルバイトを掛け持ちし、

空いた時間を埋めるようにシフトを入れていました。

 

そのおかげで、スケジュール帳はほぼ真っ黒

 

よくもこんな毎日をこなしていたなと、

スケジュール帳を見返して思わず笑ってしまいました。

 

 

今思えば、あの頃はスケジュール帳に「書く」という行為が、

とても楽しかったのだと思います。

 

当時は「手帳ブーム」もあり、

周りも手帳を持ち歩き、時間があれば手帳を可愛く書く、

という光景が当たり前のようにありました。

 

可愛いイラストを描いたり、ペンの色にこだわってみたり。

 

可愛いスケジュール帳を作る」ことが目的ではありつつも、

自然と「期限を確認し、予定を立て、見返す」という、

計画通りに進める上で大切なことを身に着けていったのです。

 

そして何より、予定通りに進むことが気持ちよかったし、

終わったときの達成感も感じられた。

 

あれだけのタスクがありながら、

パンクすることなく、なんとかうまくこなせていたのは、

やはりスケジュール帳に「書く」癖がついていたこと、

そしてそれを「見返す」という習慣があったことが、

大きな理由なのだと思います。

 

 

私は社会人になってから一時期、

スケジュール帳を使わなくなった時期がありました。

 

いつの間にか、あんなに楽しかった「書く」ということが、

面倒で億劫に感じるようになってしまったのです。

 

すると、私は「忘れる」ことが多くなりました。

 

期限当日になって思い出し、慌てて仕上げたり、

「やろう」と思っていたことを、

随分後になって思い出し、やれないまま終わってしまったり。

 

予定が入っていることを忘れ、

オーバーブッキングしてしまうこともありました。

 

何よりひどいのはそれらが一度きりではなく、

頻繁に起こるようになってしまったのです。

 

そのとき、改めて「予定を立てる」ことの重要性を感じました。

 

 

その後この1,2年は、

無印良品で購入したシンプルなスケジュール帳に、

予定を書き込むようにしています。

 

スマホのスケジュール帳の方が使い勝手がいいよ、

と言われたこともあったのですが、

私はなぜかスマホ打ち込むだけだと忘れてしまう。

 

書く」という癖があったからか、

手書きの方が自分にはピッタリのようでした。

 

 

今は専業主婦、扶養内のパートタイム勤務ということもあり、

時間には余裕があり、そこまで予定が詰まることもありません。

 

しかし、だからこそ、

予定を立てる」ことはとても大切なのだと思います。

 

やる」と自分で心に決めたことを、

忘れても、投げ出しても、誰にも怒られない

 

そしてその現状に甘えてしまい、

これまで何度も目を背けてきました。

 

しかし、このままでは何も変わらない

 

ここ最近、そんなことを実感し、

改めて「予定を立てる」習慣を見直していきたいと思いました。

 

 

大学生の頃の自分のように、

楽しみながら取り組んでいきたいです。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

がじゅまる🌳