理想の未来を手に入れる方法~㉕目的をはっきりさせる~

こんにちは。

 

 

新卒3年目25歳で5社目を退職した

子なし専業主婦のがじゅまるです。

 

 

今回は1週間に1回の、

習慣作り」をテーマにお話します。

 

 

私の好きな本の1冊に、

毎日の暮らしが輝く52の習慣」という本があります。

f:id:natto3218rn:20220323115716j:plain

 

52の習慣を1週間1つずつ実践し、

1年をかけて人生に大きな変化をもたらす。

 

小さな変化を積み重ねることで、

徐々に習慣を変えていこうというものです。

 

 

前回の習慣は「暮らしに遊びを取り入れる

gajumaru8521.hatenablog.com

 

公園に遊びに行こう!!

 

夫からの思わぬ提案をきっかけに、

私たちは久しぶりに公園へ遊びに行きました。

 

久しぶりの公園には「懐かしさ」と「新鮮さ」があり、

大人になって忘れてしまった「遊ぶ」ことの楽しさを、

少しずつ思い出していく感覚がありました。

 

あの日の思い出は、

確かに私の心に温かさをもたらし、

癒し」となってくれているように感じます。

 

 

楽しいことは自分の手で作り出せること。

今あるもので十分に幸せになれること。

 

当たり前のようだけれど、

大人になって忘れてしまった大切なことに、

改めて気付かされる良い機会となりました。

 

 

遊ぶときは全力で楽しむ

 

どれだけ年齢を重ねても、

そんな「遊び心」のある大人でいたいなと思います。

 

 

それでは今週のテーマをご紹介します。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

~毎日の暮らしが輝く52の習慣~

「25/52 目的をはっきりさせる」

 

 

ある時ふとこんなことを思いました。

 

「私と夫、それぞれが目指している道真逆なのではないか?」

 

 

私はいわゆる「普通の家庭」というものが、

今後の人生設計のベースにあって、

どちらかと言えば保守的なタイプ。

 

それに対し夫は、

自分で何かをやってみたい」という意欲が強く、

常に変化刺激が欲しいタイプ。

 

そのことは結婚前からなんとなくわかってはいましたが、

この頃それが顕著に現れるようになってきました。

 

お互いの頭の中にある未来像が、

あまりにもかけ離れていることに、

日々の会話の節々から感じるようになってきたのです。

 

どちらかの未来像に寄せれば、

どちらかの未来像は遠ざかる

 

未来像がはっきりくっきりすればするほど、

私たちの距離は引き裂かれていくのではないか。

 

そのことについて、

私はとても不安を感じるようになりました。

 

 

ネガティブ思考な私はついに耐え切れず、

思い切って夫にその「不安」について話してみることにしました。

 

すると、どうやらそれは夫も心配していたらしい。

 

私たちが、お互いに背を向けるように、

真逆の道を行こうとしていることは、

どうしようもない事実である。

 

それがはっきりとした瞬間でもありました。

 

 

夫婦」という形を保ちながら、

お互いが目指したい道を行くためにはどうしたらよいか。

 

私たちは何度も話し合いました。

 

そうしてようやく出た答えが、

目的をはっきりさせる」ということ。

 

私たちは最初、

未来像」をすり合わせることにばかり焦点を当て、

なかなかお互いの納得する答えが出せずにいました。

 

そこで私たちは「未来」にこだわることをやめてみたのです。

 

未来のことなんて、

いくら話し合っても誰にもわかりません

 

予期していなかった出来事が起こるかもしれないし、

考え方が大きく変化することもあるかもしれない。

 

いくらお互いの「未来像」をすり合わせても、

それが確実になる保証はどこにもないのです。

 

そのことに気が付いてから、

私たちは「」に注目するようになりました。

 

 

今この瞬間、

私たちは大なり小なりの「選択」を繰り返しています。

 

その「選択」の際の「目的」をはっきりさせる。

 

その目的さえ見失わなければ、大きく道を逸れることなく、

少しずつお互いの未来像がすり寄っていくのではないか。

 

そう考えたのです。

 

 

私たち夫婦が決めた目的は、

「その選択で二人が幸せになれるかどうか」

 

その選択をすることによって、

相手が悲しい思いをしないか、嫌な気持ちにならないか。

 

一度冷静に考えてから、決断する。

 

自分一人の利益幸せを追求するのではなく、

二人で幸せになることに重きを置く。

 

これをお互いのベースにすることにしたのです。

 

それ以降、私の中でもやもやとしていた「不安」が、

するすると消えていく感覚がありました。

 

そして何より、夫の選択心から信じられるようになりました。

 

 

この考え方は夫婦間に限らず、

私自身の中にも取り入れました。

 

私は「自分が幸せになることを積極的にする」と決め、

その目的に沿って選択を繰り返すようにしています。

 

今ではこの目的が、流されやすい私にとって、

お守り」のような役目を果たしてくれています。

 

 

自分はどうなりたいか

 

その目的がはっきりとしていればしているほど、

迷ったとき悩んだとき、

道は開きやすくなるのではないかと思います。

 

そして、自分の中で「これだ」という目的がはっきりとしていれば、

大きな間違いを防ぐこともできる。

 

その繰り返しの中で、

おのずと自分の「目的」の先にある、

未来」へと近づいていくのではないでしょうか。

 

 

未来は「」の積み重ね。

 

そして、今の「選択」が未来を作り上げる。

 

だからこそ、選択基準でもある「目的」は、

自分の中ではっきりとさせておく。

 

この習慣は、いつまでも大切に、

そして常に見直し更新していきたいと思います。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

がじゅまる🌳